2025年大阪万博開催決定!

NEWS
一部画像: 経団連SDGs特設サイトのトップ画像(https://www.keidanrensdgs.com/home-jp)

2018年11月23日、博覧会国際事務局(BIE)の総会がパリで開かれ、2025年国際博覧会の開催地が大阪に決まりました。
大阪では、1970年に同じく万博が開催され、55年ぶり2回目の開催となります。

2025大阪・関西万博のテーマとコンセプト~SDGsとSociety5.0

今回の万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン~Designing Future Society for Our Lives」で、コンセプトは「未来社会の実験場~People’s Living Lab」となっています。

そして、具体的に2025年大阪・関西万博がめざすものとして、

1 SDGs(持続可能な開発目標)が達成される社会
2 Society5.0実現

の2つが掲げられています。

SDGsの達成に関してそれぞれの立場でできること

SDGsは2015年9月ニューヨークで開催された国連総会で採択されたものです。

それまでのMDGs(「ミレニアム開発目標」:2000年~2015年の目標)は、国連主導のもと、発展途上国を対象に定められた、比較的トップダウンの色が強い開発目標といわれていました。

一方、現在走っているSDGs(「持続可能な開発目標」:2015年~2030年の目標)は、全世界の、特に市民からの声もオンラインなどを使って集め、発展途上国だけではなく、先進国も共に、持続可能な未来のために目標達成を目指して行おうという、比較的ボトムアップの色が強い目標となっています。

課題先進国として、先立って直面するさまざまな社会課題が多い日本が、SDGs達成に貢献できる分野は少なくないのではないかと感じます。

同じく、うまくこの機会を用いることができるならば、SDGs達成を共通の目標に、アジアとして、女性として、さまざまな立場として、その経験や、個性や、知見が生かされる機会にもなるのではと思います。

WANPも、こういったハイレベルの話題にもアジア女性として取り組んでいけるようにがんばっていきます!

コメント